珊瑚の移植

 

 

 漁師宿ふじでは、サンゴの移植を始めました。

 

廃棄予定の親サンゴをドナーとして、約4cm程に株分けします。

 

そして3ヶ月間、奄美リカバリー社の水槽で育てます。

 

そのサンゴを譲り受け、自然海に移植します。

 

 


企業団体 * 1口 10本 30,000 円


個人 * 1本   3,000 円 ( 2ボートダイブ 15,000 円 )

 

 

上記料金にて、ご自分でサンゴを移植して育てることが可能です。

 

 

 サンゴ礁は二酸化炭素を吸収して酸素を排出するという、

 

地球温暖化防止に大きな役割をはたしています。

 

既に大島海峡には40本のサンゴを移植しており、

 

日々順調に成長しています。

 

 

沖縄では女優の田中律子さんが、アクアプラネットという団体の代表で、

 

珊瑚の再生活動をされています。アクアプラネットHP ← ここをクリック★ 

 

 

詳しい事は、当店にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 戻る↑
 戻る↑